HOME > 研究開発 > 土木系 > 山岳地帯における施工の諸問題-全・半自動型掘削機械の開発

研究開発|土木系

メニュー

  • 資料請求
  • 産学共同研究施設 日建経技術研究センター

土木系

山岳地帯における施工の諸問題-全・半自動型掘削機械の開発

期間 1994年度~1998年度

目的

山岳地帯の施工において、自然環境の保護を考慮した効率的かつ安全な施工を行うための省力化、省人化および機械化施工の技術を開発する。
深礎掘削機械開発分科会を設置し、全自動および半自動の掘削機械の開発を行う。

成果

全自動および半自動の掘削機械の試作機の開発を終了し、半自動掘削機にる試験施工により各種検証を行った。高速道路ジャンクション集水井掘削工事において導入実用化した。今後は開発した会員会社において機械、工法の改良・改善を図 っていくこととした。